SI INTERNATIONAL

SI INTERNATIONAL

blog

本当に起業しますか?

投稿日:2020.01.30

いつもブログを読んで頂きありがとうございます。

今回は起業に関する父(経営者)のアドバイスをシェアしたいと思います。

私自身はまだ何も達成しておりませんが、今後起業される方の参考になれば幸いに思います。

一昨年、父に自営業を始めると伝えたところ下記の2つの質問をされました。

「周囲の人々に反対されても起業したいか?」

「飢える覚悟はできているか?」

初っ端からカウンターパンチを食らわされました。

それだけ大きな覚悟が必要か…。

経営は難度の高い問題を乗り越えて行くのでこれぐらいの決意が必要だと。

襟を正して次のアドバイスを聞きました。

思案中のビジネスモデルは着手する前に、

「リサーチと戦略」

が重要。

そのサービスにお金を出す顧客がいるか現場に行って聞き込みするよう言われました。

計画を練り上げてこれで行けるだろうと信じ、サービスを開始した結果、需要がないのでは無意味です。

そして次のお題はドラッカーの「現代の経営」を読むこと。

これを読み終わるまではお話にならないと言われ、知恵熱を出しながら11日間かけて読みました。

経営にまつわる重要なファクトが書かれているので近日中に内容を投稿します。

ようやく本を読み終わり、更に経営者として必要な素養は何か聞くと、

「素直、度胸、真面目」

であると教えてくれました。

素直って本当に必要かな?と思う人がいると思いますが実は一番大事です。

経営者は絶対に揺るがない核となるビジョンがありながら、日々移り変わる情勢に柔軟に対応しなければなりません。

時としては耳の痛い進言や事実も素直に受け入れ、間違いない対応をする必要があります。

そのような現場で、

「私はそんなことは受け入れたくない!」

では済まされません。

事実に素直に向き合い、対応する器量が求められます。

度胸は経営という荒波に自ら飛び込む力です。決断力も度胸に入ります。

真面目は勤勉であり、真摯であること。

なぜこの文章を書いたか?

私自身会社を始めて以来、3人の方からメンターになって欲しいと言われたからです。

まだ何も達成していない私がメンターになるのは全くもって時期尚早です。

ただ、アウトプットや他者貢献も大事だと考えこの方たちを受け入れましたが、やはり実際に起業した人は一人もいません。

何となく起業したいという軽い気持ちの人もいますし、反対に私も驚くほどたくさん経営の勉強をしている人もいました。

彼女の知識や経験なら十分だと判断し、

「直ちに独立できます」

と提言しましたが、実際には飛び込む度胸がなく会社員として就職していきました。

そういった経験から、起業したい方に向けてこの記事を投稿しました。

もう一つ知って頂きたいことは、

「経営者の時間は貴重」

だということです。

その貴重な時間を自分のために割いてくださいとお願いする前に、

「本当に起業に踏み切る覚悟があるか?」

もう一度自分に問いかけてみてください。

終身雇用が終わりを迎え、40代の社員をリストラする会社も出てきました。

年金もあてにはなりません。

経営者として若いうちに苦労する価値は大いにあると考えます。

そこで質問です。

さて、あなたは「本当に起業しますか?」

株式会社SI INTERNATIONAL
UMECUBE 4階 404号室